AI CANEの開発秘話

世界的な視覚障碍者の増加予測

最近、世界の人口が増加するとともに高齢者人口も増えているため、視覚障碍者数は世界的に急増するとの予測があります。

英アングリア・ラスキン大学の研究チームが188カ国のデータを分析した結果、中程度~重度の視覚障碍者は現在でも2億人以上と推測され、2050年までに5億5000万人以上に増加するとの見通しが出されています。
*出典:英医学誌ランセット・グローバル・ヘルス

長年にわたり視覚障碍者を誘導してくれたのは盲導犬ですが、これはあまりにも残酷で、犬に与えているストレスを考えれば、もはや動物虐待とも言わざるを得ないレベルです。

そして、当社グル―プがGPS関連技術の開発に携わる中で、「目の不自由な方がストレスなく自由に行動ができるツールがあれば、どれほど素晴らしいことか」という想いがありました。

その実現を果たすために開発したのが、最先端の人工知能を駆使した超高性能ハイテク白杖「AI CANE」なのです。

 

AI CANEの機能、システム一覧

  • 高性能GPS+RFビーコン・カメラシステム、Bluetooth、AI対応ナビゲーションシステム
  • バイブレーターによる危険回避システム
  • 24時間サポートセンター接続(お出かけの時のほか、くらし全般をサポート)
  • 交通アクセスサポート(オプション)
  • バイタルデータリンク(オプション)
  • 緊急コール(事前登録アクセスへ)

さきほども述べたとおり、世界的に視覚障碍者数の顕著な増加が予測されていることから、 このような、超高性能な歩行(のみにとどまらず生活全般にわたる)サポート製品は、近未来においてかなりの需要が多く見込まれるものと考えています。

さらに、視覚障碍者だけでなく、杖が必要な年輩の方にとっても、心強いサポートシステムになり得る機能を備えています。
つまり、高齢化が進行しつつある世界において、誰にとっても安全・安心な生活のために大いに役立つツールになるのです。

このような予測に基づき、「チアサポ」を活用しつつ、AI CANEの世界各国への普及を目指します。

関連記事

TOP